Twitterの公式マークの付け方はどうすれば良いのか調べてみた!

Twitterの公式マーク(認証済みアカウント)はどのようにすれば付くことが出来るのか、付け方を調べてみた。
果たして一般アカウントからの受付は出来るのだろうか?


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

Twitterの公式マークの付け方はこれだ!

芸能人や有名人のTwitterを見た時に「公式マーク」があることをご存知だろうか。
これは、認証済みアカウントと呼ばれており、その人、本人であることを示すものである。

というのも、Twitterはその性質上、誰でもアカウント取得することが出来、本人になりすましすることが出来てしまう。
そうなれば、本人だけでなく芸能人のファンにとっても嘘の発言や迷惑なことをされて被害を被ることになってしまう。

そのため、Twitter側は「公式マーク」をつけることになった。公式マークをつければ、本人と判断できるのでフォロワーの人にとってもメリットが大きい。

さて、本題だが「一般アカウントでもTwitterの公式マークを付けることが出来るのか」ということである。
結論から言えば「できない」ということになる。


【スポンサードリンク】


公式マークをTwitterが付ける条件というものがあり、それによれば、

・音楽
・演劇
・ファッション
・政府
・メディア
・ビジネス
・スポーツ

など「多くの人が検索されているユーザ」に限定されており、更に「フォロワー数」や「ツイート数」は関係がないとしている。
どうやら、自動的に処理をしており、公式マークをつけているということになる。

よって、私たちが使うような一般的なアカウントに対して公式マークが付くことはまずないと考えても良いだろう。
もし、テレビで取り上げれるようになったメディアへ進出したということになれば別だが…

ちなみにこの公式マークを付けることが一種のTwitter上のステータスでもある。
芸能人の中でも公式マークがついていないアカウントもあるが、いずれTwitter側が付けることになるだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.