カエンタケの皮膚炎の症状がヤバイ!触れた場合の治療法は?

日本3大毒キノコの1つと呼ばれるカエンタケの皮膚炎の症状がヤバイと話題である。
食べるのではなく、触れただけで皮膚炎になるカエンタケ。その触れた場合の応急処置方法を公開!


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

カエンタケに触れてしまうと…

カエンタケに触れてしまうと皮膚炎の症状を起こしてしまうのは判った。
では、どのような状態になるのかを紹介sるう。

それは、火傷したように皮膚がただれてしまうということである。
更にもし食べてしまうと、
・悪寒
・発熱
・下痢
・腹痛
・手足のしびれ
などが発生してしまい、数日後には消火器不全など死に至るケースもある。

なので、もし山でカエンタケを見てしまった場合は決して近づくことをしないほうが良いだろう。
また、生息地としては主に仙台周辺または最近になって奈良県でも目撃されており、

・梅雨明けから10月にかけて生息
・コナラやドングリに成る木の周りに生息
・表面は非常に明るい赤色の派手なキノコの形をしている

のため、赤色のキノコを見つけた場合は要注意である。

なお、もしカエンタケに触れてしまった場合、山の中であるためすぐに救急車を呼ぶことが出来ない。
では、その時の応急処置はどうすれば良いのか。

それは、素人では手出しが出来ないので1分でも早く病院へ行くこととされている。

目安としては1時間以内であれば、ダメージを負うものの回復は非常に早くなる。
逆に5時間経過してしまうと症状が悪化し、最悪の事態が想定される。

そのため、一刻も早く下山をすべきである。下山の際は、電波が繋がる場合、119番を行い指示を仰ぐのも良いだろう。
場合によってはヘリや救急部隊により山の中まで来てもらうということも出来るためである。

まずは落ち着いて行動をすることが何よりも大切な治療法となる。


【スポンサードリンク】


病院まで時間がかかりすぎる!何とかして応急処置をしたい

ポイントとなるのは、体内に入った毒素をどう取り除くかである。
まずは、水分をこまめに取り利尿作用を促進し、体外へ排出させる方法である。

具体的には水・お茶を飲ませるということである。

また、毒キノコによっては脱水症状になりやすいものもある。
その場合は、スポーツ飲料や経口補水液を飲んだりして、脱水症状を防ぐことが重要である。

いずれにせよ、キーワードは「水分補給」となる。

ただ、これはあくまで応急処置であるためこれで良くなるとは期待しないほうがよい。
何より病院へ行き適切な処置をして貰うことが重要である。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.