バファリンの副作用を抑える!頭痛やめまいを起こす前にこれだけは守って!

頭痛薬として有名なバファリン。あなたも一箱持っているだろう。何か会った時に便利だが、その副作用をご存知だろうか。
眠気やめまいを起こし日常生活にも支障を来す可能性も…。その前に、ちょっとした工夫で副作用を抑えることが出来る。その方法とは


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

副作用を抑えるポイントは、当たり前のこと

「バファリンの副作用を抑えるコツは何?」
と聞かれた場合、このようにすれば副作用を抑えることが出来る鉄板の返しがある。

「用法用量をきちんと守る」

たったこれだけである。バファリンの注意書きにはこのようなことが書いている。

・空腹時を避ける
・服用間隔は6時間以上
・成人(15歳以上)は、1回2錠。
・1日2回を限度
・服用前後は飲酒しないように

これらを守るだけで良い。

「当たり前じゃん!」と思うかも知れないが、意外と守っている人は少ないだろう。
例えば、空腹時である。バファリンを飲む理由の多くは「頭痛」「熱っぽい」ということである。

そのため、症状が現れてから飲む人がほとんどである。
この時、食後から何時間経ったと気にする人は稀である。

その結果、注意書きに書いていることに違反しているため、頭痛やめまいなどの副作用が発症してしまうことに繋がる。
更にバファリンを一緒に飲む際の飲料水だが、「お茶」という人も中にはいるだろう。

お茶には水と違い、カフェインが微量だが混入している。
その微量なカフェインがバファリンの効果を強くしてしまい、結果的に副作用の引き金に繋がることがある。

薬は原則「水」で飲むように心がけて欲しい。

また、「使用期限にも気を配って欲しい」
ついありがちなのが、薬箱にバファリンが入っているからそのまま服用したというケースである。

食材に賞味期限があるように薬にも使用期限が存在する。

使用期限を経過すると、効果が落ちることはもちろん思わぬ副作用に繋がることが大いにあるので、必ず使用期限は確認するようにして欲しい。
できれば、年末の大掃除に薬箱の使用期限チェックをすると安心だろう。


【スポンサードリンク】


副作用が起きてしまった場合

上記ポイントを守ったにも関わらず副作用が起きることはある。
薬は元々万人受けするように作られているが、個人差があることは確かである。

また、その日の体調により副作用が出ることもあるので、確実に副作用を抑えることは困難である。

その時、重要なのが「副作用が起きてしまった薬を恨むのではなく、どうすれば副作用が落ち着くのか」である。
起こってしまったのは仕方ないので、次の行動を考えるべきである。

まずは、「安静」にすることである。
バファリンの場合、副作用としては、

・眠気
・めまい
・腹痛

と言ったものが代表的である。

いずれもすぐに何か問題が発生するというものではないので、まずは安静にして身体を落ち着かせることが重要である。
副作用が出ている状態で車の運転などもってのほかである。

事故に繋がるケースが考えられるので控えた方が良いだろう。

なお、できる事ならベッドで寝るのが一番ではあるが仕事中ということもあるだろう。
その場合は、水を飲みできるだけ早く体外へ排出することも視野に入れて欲しい。

このように万が一、副作用が起きても冷静に対応することが薬の効き目をフル活用する重要なポイントである。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.