子供の日焼け止めはスプレーかクリームどっちがいいの?安全面で比較してみた

紫外線が強くなってくる夏。大人だけでなく子供も日焼け止めが必要になってくる。
日焼け止めには大きくスプレーとクリームの2種類あるが、果たして子供の肌に合うのは一体どっちなのか安全面をポイントに比較してみた。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

正解は、乳液タイプ

問としておかしいが、実際に乳液タイプが一番肌へのダメージが少ないとされている。
子供の肌は、まだまだ成長段階ということで敏感である。特に5歳以下はもっと敏感肌である。

このような経験はないだろうか。

布団で寝ていてふと我が子を見てみると少し湿疹ができてしまっているということを。
自分は大丈夫だけど、なぜ我が子だけに?もしかして病気?

これは詳細な状況がわからないのだが、単に肌が荒れているだけということも考えられる。
極端な話しを言えば、衣服を洗濯するときに使う柔軟剤を変えるだけでも、肌荒れを起こすこともある。

つまりは「それだけ子供の肌が敏感」ということである。

では、子供の肌にあった日焼け止めは一体何が良いのかということになる。
ポイントは「肌へのダメージが少ない」ということである。

おさらいすると、日焼け止めには、

・クリーム
・スプレー
・ジェル
・乳液
・パウダー

など様々なタイプがある。

それぞれのタイプについて簡単な特徴を挙げると

・クリームタイプ
1番人気であり数も豊富。乾燥肌の人におすすめ

・スプレータイプ
手が汚れないのでどこでも使えるのがメリット

・ジェルタイプ
クリームに比べて伸びやすく浸透しやすい

・乳液タイプ
肌へのダメージが少なく優しい

・パウダータイプ
肌をキレイに見せることができる

ということになる。それぞれにあった特徴がある。

今回は「子供の日焼け止めには安全面を考慮すると何が良いか」のため、
ここで選択すべきタイプは「乳液タイプ」である。


【スポンサードリンク】


乳液タイプでもどれがおすすめなのか?

どれを買えばよいのか、わからない!という人は素直に楽天で

「子供用 日焼け止め」

と検索するのが良いだろう。

そこにはランキングやレビューもあるので、それを元に購入するのが正解へと辿り着く1つの方法である。

私が日焼け止めを買う際のポイントしては、

・無香料
・小児向けテスト済
・皮膚科学のテスト済
・アレルギーテスト済

と謳っているものである。

肌は十人十色なので、自分にあったものは正直使ってみないと判らない。
ましてや子供の肌となると尚更である。

そのため、各種テストに合格しているという基準はどうだろうか。

一定のライン以上の品質があるため、子供にとって合う確率があがるという計算である。

上記テストに合格した商品が下記のものである。

子供向けに特化しているので、市販のものを買うよりも安全面が保証されやすい。
実際にレビューを見てみても分かる通り、多くの人から指示されている。



【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.