iPhoneでウイルス感染を確認したい場合はどうすれば良いのか?

iPhoneでウイルスに感染しているかどうか確認する方法を紹介。
Apple製品はウイルスがないという神話が崩壊しつつある。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

iPhoneでウイルスを100%確認する方法はない

ウイルスというのは目に見えるものではなく、かと言って何か不具合を起こすように必ず作られると言えばそうではない。

何を目的にウイルスを作るのか?

ということが重要になってくる。恐らく営利目的であるため、

・個人情報を盗む

・クレジットカード番号を盗む

ということになる。これらを盗む場合、わざわざ「あなたの使っているiPhoneはウイルスに感染しています」と警告メッセージを出す必要もない。

そのため、こっそりと情報を抜き出すことに特化したウイルスを作るはずである。

 

なお、トレンドマイクロ社は

「脱獄(iPhoneのroot権限を取得する非公式な方法)していないiPhoneであれば全ての情報が盗まれることはない」

と発表をしているが、実際には下記のような事例が起きた。

 

数年前まではCMでも放送されていたくらいiPhoneにはウイルスがありませんと言われていたが、近年ではその神話は崩壊している。

例えば、中国の事例にはなるが公式のAppStoreで公開されたアプリが「ウイルス」だったということがあった。現在は公開停止となっているが、言わば全iPhoneユーザがウイルスをダウンロードできてしまう状態があったということになる。

この手順は、

1:不正に改造したiPhoneアプリを開発するソフトを配布

2:その不正に改造したソフトでウイルス入りのiPhoneアプリを開発

3:AppStoreを使って配布

である。

 

このようにiPhoneは今やウイルスが蔓延してもおかしくない状況になっている。

しかもウイルスに感染しても恐らく気づかないユーザーが殆どである。

それは情報を抜き出すのにわざわざアラートを出して対策されるのを防ぐというウイルス開発者の意図があるに違いない。


【スポンサードリンク】


iPhoneのウイルスをスキャンする方法

では、万が一、iPhoneへウイルスが侵入した場合スキャン(駆除)は出来るのだろうか。

結論を言えば、執筆した段階ではiPhoneでウイルススキャンはできないことになる。

これはiOSがブラックボックスとなっており、詳細が判らないからウイルス対策ソフトを作りようがないからである。

更に、堅牢なセキュリティであるためアクセスできる場所も限られており、その結果iPhone全体をスキャンすることは出来ない。

 

つまり「どんなに頑張ってもウイルスは執筆段階ではスキャンできない」ということになる。

ということは「iPhoneにウイルスが入ってしまったらどうしようもない」ことになる。

 

なので、重要なことは「いかにしてiPhoneへウイルスを侵入させないか」ということになる。

なお、恐らく効果は期待できないが定期的にホーム画面をみて変なアプリが勝手にインストールされていないかを確認するのも良いだろう。

もし、見たことがないor入れた覚えがないアプリに関しては見つけ次第削除することをオススメする。

iPhoneをウイルスから防御するために

では、iPhoneをウイルスから防御するためにできることについて紹介する。それは、

・脱獄をしない

・公式のAppStore以外からダウンロードしない

・怪しいサイトへ行かない

・怪しいメールは開かない

・PCに接続する際は、PCがウイルスに感染していないか気をつける。

ということである。

 

最近、主流となっていて問題となっているのが「PCに接続した瞬間にiPhoneがウイルス感染する」というものだ。

これは、iPhoneとPCを有線で接続し同期している間にウイルスがiPhoneへ侵入してしまうケースである。

これは、PCがWindows・Macに限らず起こる現象であるため、iPhoneばかりに目をとらわれずPCにも目を向ける必要がある。

 

あとは、基本的なことであるため変なサイトへ行ったりメールは開かず削除するなどを徹底すればウイルス感染を防ぐ事ができるだろう。

しかしながら、今後、ウイルスがより進化してLINEのようなチャットからウイルス感染することも十分に考えられる。

重要なことは「怪しいことは避ける」ということである。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.