LINEのブロック確認方法2015年度版!相手にバレずに出来るのか?

「全然LINEが既読にならない…」それは、相手からブロックされている可能性がある。
相手に直接聞くのは嫌だから、何か知る方法はないかと思っているあなた!
今回3つの確認方法でブロックされているかどうかを紹介するので参考にして欲しい。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

LINEがブロックされている確認する方法「トーク」

まずはいつもどおりトークルームで会話をしてみる。普段のことを思い出して、どれくらいで既読になったのかを確認してほしい。

例えば、今まであれば1分程度であったが、全く既読にならないということはないだろうか。

 

その場合は、ブロックされている可能性が高いと言える。LINEはそのシステム上、トークを見ると自動的に既読が付く。

しかし、ブロックするとブロック対象の人からメッセージが来てもトーク上には残らず更に通知もない。つまりは既読が付くというパターンが存在しないことになる。

よって、今までは数分でついていた既読が全くつかないとなるとブロックされているということになる。

LINEがブロックされている確認する方法「電話」

「ブロックされているかも…」と思ったら思い切ってLINEから電話をしてみると良い。

あなたも経験があると思うが、仮にLINEで電話があり出れなかった場合、

・再度かけ直す

・メッセージもしくはスタンプを送る

ということをするだろう。

 

しかしながら、ブロックされていると電話があったという履歴すらも相手には表示されないため、

メッセージを送るという行為事態ができないことになる。

つまり、あなたがかけた電話は一生、相手のLINE上へ通知されないことになる。

 

こうなれば、ほぼ間違いなくブロックされていると見ても良いだろう。


【スポンサードリンク】


LINEがブロックされている確認する方法「タイムライン」

一番手軽な方法がこのタイムラインを見るということだ。

もしあなたが仮にブロックされているのであれば、相手のタイムラインを見に行こう。

 

そもそもタイムラインとは、Facebookのように個人で何をやったのかどこへ行ったのかを記載できる機能である。

 

ブロックされてしまうと、このタイムラインが非表示となり「まだ投稿がありません」と表示されることになる。

これが表示されてしまっているということは、ブロックされていると見て間違いない。

 

しかしながら、注意が1つある。このタイムラインを使っていない人も同じように「まだ投稿がありません」と表示されてしまうということである。

ブロックされていないのに「まだ投稿がありません」と表示されているからといって、相手に対して文句を言うのはお門違いとなるので注意が必要だ。

 

トークや電話の方法と合わせて確認すれば、ブロックされているかどうかの条件がそろうので、1つの確認方法だけでなく複数の確認でブロックと判断するのが良い。

 

そもそもこれらのブロック確認方法は相手にばれないの?

今回紹介した3つのブロック確認方法だが、「相手にバレなくない」というのが前提にあるため、相手にバレることはないので、今からでも実践してOKである。

特にオススメなのが、「タイムライン」+「電話」の複合技である。

① まず相手のタイムラインを見て「まだ投稿がありません。」と表示されていることを確認

② 相手にLINEを通じて電話をしてみる。

③ 数日経っても返事がないのであれば「ブロック」

ということになる。

 


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.