iPhoneのウイルスの症状はどんなもの?対処方法はこれだ!

あれ?いつもとiPhoneの動きがおかしい…そう思ったことはないだろうか?それは、iPhoneがウイルスに感染した可能性がある。果たしてウイルスに感染するとどのような症状になるのか調べてみた。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

iPhoneってウイルスにかかるの?

「iPhoneってウイルスと無縁だよね?」
と思って居る人が一番危ない。確かにWindowsPCやAndroidに比べると、Apple製品はウイルスの報告が少ない。

しかし、これは少ないだけであって実際には「感染する」ということを頭に入れてほしい。

 

では、なぜ「Apple製品はウイルスが少ないのか」ということである。これは諸説色々とあるが単純に「ユーザー数が少ない」からである。

ウイルスを作る人の目的は様々であるが、

・愉快犯

・情報を盗む

こととが主な目的である。その中で情報を盗んで何か損失を与える人の立場に立って欲しい。

作ったウイルスで情報を盗めるかどうか判らないが、「ターゲットとなる人はできるだけ多いほうが良い」ということにならないだろうか。

 

例えば、あなたが営業マンだったとしたら

・100人が住んでいる市営マンション

・10人が住んでいる市営マンション

であればまずは「100人」の方から狙うだろう。これはなぜか。「人が多いから営業できる可能性が高い」ということになる。

ウイルスも同じ考えである。使っているユーザー数が多い所を狙って作るというわけである。

 

つまり、「Apple製品(Mac、iPhone)だからと言ってウイルスに感染しない」という考えは間違えと言える。


【スポンサードリンク】


iPhoneがウイルスに掛かった時の症状は?

もし、あなたのiPhoneがウイルスにかかったらどのような症状になるのだろうか?これは感染したウイルスによって症状は様々だが、

・動きが遅くなる

・ポップアップが頻繁に表示される

・そもそも起動しない

・起動してもすぐに電源が落ちる

などである。特に多いのが「動きが遅くなる」。ウイルスの定義によってことなるが、何かしらのプログラムがずっと動き続けることになるので、それにパフォーマンスが取られてしまい、結果として動きが遅くなる。

そうなると、どういうことか「電源の減りが早くなる」ということにも繋がりかねない。

もちろん、通常に利用していてもiPhoneの動きが遅くなったり電源が減ることは珍しくないので、一概に「ウイルス」と断定するのは間違えである。

 

一番ウイルスとして顕著に現れるのがポップアップが頻発する、起動しなくなる、起動しても電源が落ちるなど明らかに見た目で判るものである。こういう場合は、「ウイルス」かなと疑って対処するのが良いだろう。

しかし、単に動きが遅いとか電池の減りが早い場合は、ウイルスではない可能性もあるので一旦再起動してみることをオススメする。

もしiPhoneにウイルスが入ってしまったら?

iPhoneにウイルスが入ることは可能性としてあるのだが、もし入ってしまった場合、どのような対処方法があるのだろうか。

・ウイルス対策ソフトを入れる

・Appleの専門店へ行って相談する

ということになる。ウイルスは多くの場合、再起動してもなくならないことが多いため再起動は無駄なことになるだろう。

 

そのため、PCと同じくウイルス対策ソフトを入れることになるのだが、正直あまり効果が期待できない。というのも、iPhoneのウイルス対策ソフトは各社からアプリとして出ているのだが、AndroidやWindowsに比べてまだまだ未完成な所があるだろう。

それは、先程も書いたがユーザー数が意味をしている。ユーザー数が多ければ、それだけウイルス対策ソフトを使う人が多くお金になるという考えがビジネスで必要となるため、予算が限られている。

予算が限られると開発に避ける時間も少なくなり、品質面に不安を覚えることになる。

 

そのため、一番良いのが「Appleの専門店へ行って相談する」ということである。ここでは豊富な知識を持った専門スタッフがいるため、どうすればウイルスを退治できるのかを教えてくれる場合がある。

ネットで調べても良いのだが情報が古い場合もあるため、あまりオススメできない。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.