らっきょうは花粉症に効果はあるが食べ過ぎに注意!下痢などの消化器系にダメージも…

カレーのお供に福神漬けとらっきょう漬けは定番になっている。
それほど日本人にとっては馴染に深いものとなっている。だが、その一方でらっきょうについて正しくどのような栄養があり食べ過ぎとどうなるのかを知っている人は少ないだろう。
食べ過ぎすると消化器系にダメージを与え少し大変なことにも…


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

らっきょうはなぜ花粉症に効くのか

まずタイトルの解説から行う。らっきょうはなぜ花粉症に効くのか。
それは、らっきょうには「アレルギー抑制作用」があるとされており、これが花粉症に効くことになる。

アレルギー抑制作用と言えば、市販で購入できる花粉症の薬と同じ意味合いにある。

そもそも花粉症に特化した薬というものはなく、
いずれもアレルギーを抑制する効果で症状を軽減している。


【スポンサードリンク】


花粉症だけでなく様々な効果が期待できる

ざっとあげると

・風邪の症状緩和
・アレルギー抑制作用
・血液をさらさらにする
・ガンの予防
・疲労回復
・整腸作用

と現代人にとって悩める症状を色々と緩和できると期待されている。

特に私が注目したのは、血液をさらさらにすることである。
らっきょうには、抗酸化作用というものがあり、それが血液中に固まった不要な物質をさらさらにしてくれる働きがあるとされ、その結果血流がよくなる。

血液がさらさらになるとどうなるのか言えば、動脈硬化の緩和であったり、
がん予防、更には生活習慣病になり難いなどメリットばかりである。

また、体感的にも疲れにくくなったり元気を出しやすくなったりと、
日常生活でも良い効果が期待できる。

そのため、らっきょうと言うものは花粉症だけなく血液をさらさらにする働きもあるということが判る。

らっきょうの食べ過ぎは下痢に繋がる

先ほど書いたとおり、らっきょうには整腸作用がある。

ザ・ガードなどが代表とされている整腸作用とは、どのようなものか。
主に便秘改善を目的としており、おなかのハリを感じたり、決まったり時間にでなかったりと意外と悩めることを解決するのが整腸である。

その効果がらっきょうにあるとされている。

では、食べれば食べるほど極端言えば便秘改善になるのかと言えば、
決してそうではない。

整腸作用が意外とあるのが、キシリトール入りガムである。

このキシリトール入りガムを噛みすぎると急にお腹が緩くなった経験はないだろうか。

それと同じことがらっきょうにもあるので、食べ過ぎには注意である。
更に消化器系にダメージを与えることもある。

では、1日あたりどれくらいを目安にらっきょうを摂取すればよいのか。

それは、1日あたり4粒を目安に摂取すると良いとされている。

カレー屋に行くとついついらっきょうを大量摂取しがちであるが、
少し抑えて頂くとより、らっきょうの効果を実感できるだろう。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.