iPhoneの予測変換へ登録する方法はどうやるの?おすすめの設定を紹介!

iPhoneの予測変換機能を使っているだろうか?
この予測変換機能は使いこなすと、とても便利な機能だが、iPhoneユーザーの殆どが使っていないだろう。

そこで、この記事ではiPhoneの予測変換機能について解説していく。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

iPhoneの予測変換への登録方法は?

iPhoneの予測変換への登録方法は2つある。

1つ目の方法は、iPhoneのホーム画面にある設定を選択して、次のページの一般を選択して、次のページのキーボードを選択して、次のページの下の方にユーザー辞書の項目がある。

ここの新規単語を追加の項目から、iPhoneの予測変換の登録ができる。

2つ目の方法は、Webページや文書などで登録したい単語を見つけたら、単語を選択する。
すると選択した単語の上に、カット、コピー、ペーストと表示される。
この項目を右に移動していくと、ユーザー辞書に登録の項目が出てくるので、選択すればユーザー辞書に登録する画面に移動できる。

・ユーザー辞書への登録画面からの単語の登録の仕方

ユーザー辞書の登録画面にいくと、上の段に単語、下の段によみ、と表示されている。

上の段の単語に、呼び出したい文字を入力する。文字だけでなく記号や英数字などの様々な文字を登録できる。

下の段のよみに、上の段に入力した呼び出したい文字を呼び出す際に入力する文字を入力する。ここでも、文字だけでなく英数字などの様々な文字を登録できる。

上の段、下の段、両方の入力が終わったら、画面右上の保存を押せば、登録が完了する。

また、1つ前のユーザー辞書のページでは、過去に登録されたユーザー辞書の単語が表示されるので、登録文字を確認することもできる。


【スポンサードリンク】


おすすめの予測変換は?

ここでは、おすすめの予測変換を紹介していく。

・メールアドレス

メールアドレスを上の段の単語に登録して、下の段のよみにアドレスと登録すれば、いちいち入力しなければならなかったメールアドレスをアドレスの4文字で表示することができる。

・住所

住所を都道府県から上の段の単語に登録して、下の段のよみに住所と登録すれば、住所の2文字で長い住所もサッと表示させることができる。

・顔文字

受け取ったメールや、Webページに素敵な顔文字があり、自分も使いたいなと思った時にも、ユーザー辞書登録機能が役に立つ。

上の段の単語に、使いたい顔文字を登録して、下の段のよみに顔文字と登録すれば、今後は顔文字の変換候補の中に登録した、素敵だと思った顔文字が登場するので、以降は手軽に使うことができる。

・パスワード

上の段の単語にパスワードを登録して、下の段のよみにパスワードのサービスを登録することで、忘れがちなパスワードをサービス名で表示させることができる。

例えば、上の段に銀行のパスワードの0000と登録して、下の段に○○銀行と登録すれば、今後はパスワードを忘れて困ることはないだろう。

・電話番号

上の段の単語に電話番号を登録して、下の段のよみに名称を登録すれば、施設の名称を入力するだけで、電話番号を表示させることができる。

このように使い方次第で便利に使える予測変換機能だが、使わなければ意味がない。

読んでみて使えそうな候補があれば、是非登録してiPhoneをもっと便利に使いこなしてほしい。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.