谷繁元信の嫁と年俸!引退後は監督に専念し中日をリードすることに!

プロ野球で3000試合を更新している中日の谷繁元信選手兼監督(44)が選手として現役を引退することになった。
引退後は、監督として専念する。さて、谷繁元信の嫁はどのように監督を支え、年俸はどれくらいなのかを調べてみた。


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

谷繁元信の嫁

[住んでいる所]
横浜
→ 子供たちも横浜に住んでいる

[子供]
・長男の快
→ 大学2年生。國學院大學の硬式野球部に所属。
打撃フォームが谷繁元信とそっくり。

・次男の凛
→ 高校2年生。桐蔭学園の軟式野球部に所属
中学時代にノーヒットノーランを達成

・三男の朗
→ 11歳。桐蔭学園の小学部に通っている
野球をしているかどうかの情報はないが、恐らく父親や兄たちの姿を見ているので野球をしているのではないかと予想される

調べてみた所、情報が少なく嫁に関するものはほとんどなかった。
恐らく、一般女性でありマスコミの前に姿を現さない人だろう。

だが、プロ野球選手の子供ということもあり、子供の情報は比較的豊富であったので掲載してみた。

なお、谷繁元信が住んでいる所が現在「名古屋」であることから、家族離れ離れになっている。
このことより「別居しているのではないか?」「もしかして離婚したの?」という噂が流れている。

しかし、これはあくまで噂であり、離婚や別居はしていない。

それを裏付けるものとして、谷繁元信は元々横浜ベイスターズに所属しており、その時に住んでいた街を子供たちが離れるのはどうかということで、谷繁元信自身が単身赴任という形で中日へ行ったと予想される。
よって、離婚や別居ということはないと私は推測している。


【スポンサードリンク】


谷繁元信の年俸

谷繁元信の年俸について調べてみた。
2014年から監督も行っているため、選手で貰える年俸+監督での年俸という計算でみた所、

[最高時]
・2003年〜2005年
・2億5,000万円

[最低時]
・1989年
・490万円

[2015年]
・1億9,000万円(監督としては1億)

となっている。

ここで気になるのが、監督での年俸である。
各球団一人は必ず居る監督。もちろん監督と言ってもボランティアではないので、お金が発生する。
一体いくらなのだろうか?と疑問になるが、どうやら1億くらいとされている。

「かなり高い…」

と思うかも知れないが、監督になれるのは全球団合わせて12名のみであり、しかもそれぞれの球団でかなりの成績を残した人しか付くことが出来ない。
しかも、成績が不振であれば、辞めることも決断しないと行けないため、プレッシャーは選手時代に比べて遥かにかかるものと推測される。

一般の企業で言えば、社長にあたる。
もし、会社の経営が悪くなると社長が交代することは珍しくなく、プロ野球でもそのようなことにあたると言うわけである。

なので、監督は楽そうだなと思うかも知れないが、安定した職業とはいえずむしろかなり厳しいものではないだろうか。


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.