森本稀哲(ひちょり)の嫁と年俸を調べみた!西部を引退後、どのような道を歩むのか?

プロ野球の埼玉西武ライオンズの森本稀哲(ひちょり)外野手(34)が、2015年9月21日に現役引退を表明した。
スキンヘッドが特徴で話題となったが、その嫁と年俸が気になったので調べてみた。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

森本稀哲の嫁のプロフィール

[本名]
森本 悠美(もりもと ゆみ)

[年齢]
1978年12月8日生まれの36歳

[身長]
175cm

[住所]
東京生まれの愛知県育ち

[職業]
ファッションモデル

[森本稀哲との出会い]
・出会いは共通の友人からのお誘い
・悠美は元々野球に詳しくなく、森本稀哲を知らなかった
・森本稀哲と初めて出会った日、試合でホームランを打ち、運命を感じた
・アプローチは、森本稀哲ではなく悠美から
・2012年3月8日に森本稀哲と結婚

[子供]
・2014年7月26日に第一子となる女児を出産
→ 帝王切開での出産ということで人一番苦労したとのこと

[ブログ]
yuumi’s diary

野球選手は、アナウンサーやモデルなど一般男性が憧れとされている職業の人と結婚する機会が多い。
これは、単にアナウンサーであれば試合について訪問し、そこから仲良くなり恋に落ちるというパターンである。
つまりは、仕事柄である。

恐らく、森本稀哲も同様と捉える事ができるだろう。

なお、2015年を持って引退することが決まったが今後の身の振る舞いについては、明言されていない。
恐らくその人物柄などを武器に、タレントとして活躍したり解説者として活躍することが期待される。
プロ野球珍プレー好プレーでも度々そのユーモアなしぐさが話題となっているのでお茶の間受けは良いと考えられる。


【スポンサードリンク】


森本稀哲の年俸

森本稀哲の年俸について調べてみた。
周りを和やかにさせるその生まれ持った楽しさでまさにムードメーカーであり、各球団では主力として活躍していた。

[最高時]
・2008年
・1億3,000万円

[最低時]
・1999年
・450万円

[2015年]
・2,500万円

となっている。

億超えをしているプレイヤーは少なく、その実力の程が伺える。
なお、これだけ稼いで居れば将来安泰じゃないの?と思うかも知れないが、プロ野球選手は引退後、それぞれ第2の人生を歩んでいる。

例えば、阪神の赤星選手であれば、あれだけ活躍し十分にお金に余裕はあるが、度々テレビ番組に出演をしている。
とこのように、引退しても仕事をしている人が多い。

それはお金に困っている人も中にはいるかも知れないが、単に仕事が好きや少し違った視点で野球を楽しみたいということもあるだろう。
解説者がそれにあたる。野球は好きだけど、肉体的に限界が来たため引退せざるを得ない。現役選手であれば誰しも直面する問題である。

そうなれば、監督やコーチ・解説者など違った視点で野球に携わることが出来るので、そっちの方面で野球を楽しみたいということになるだろう。



【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.