藤山シン(森)の経歴・プロフィールをまとめてみた!世界ナゼそこに出演決定!

世界ナゼそこに出演することになった藤山シン(森)の経歴・プロフィールをまとめてみた!
なぜ、そもそもホンジュラスへ行こうとしたのか?


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

藤山シン(森)の経歴・プロフィール

[本名]
藤山シン(ふじやま しん)

[職業]
Students Helping Honduras(SHH) 代表
・ホンジュラスの貧しい村で救済活動を行っている団体
・設立してから数十万ドルの寄付を集める
・本部はバージニア州、フォールス チャーチ

[学歴]
高校卒業後、ブラジルへサッカー留学

[経歴]
・2005年冬:ホンジュラスの児童養護施設で心を動かされ、友人に結集を呼びかける
・2006年以降:ゆうに300人を超えるボランティアがホンジュラスを訪問
→ メリーワシントン大学と地元の協力で15万ドルの寄付を集めることに成功

[結婚]
ネット上に情報もないので、恐らくしていない

[家族]
4人兄弟(男2人、女2人)
・次女のコスモも同じく、ホンジュラスに滞在をしている
・次男の我空はSHHの支部長として活躍
・母のあおいは、300人を超えるくもんの先生

以上のことより、一家揃ってボランティア精神に溢れていることが判る。
元々、そういう環境で育ったこともあり、私達に比べて全世界で起こっている様々な不幸に対して敏感なのではという印象を受けた。

それを裏付けるエピソードがある。

例えば、経済難で潰れかけている孤児院があったとする。
あなたであれば「何とかしたいな…」「どうすればよいだろう」と頭で考えはするかも知れないが、藤山シンは違う。

実際に行動を起こすということである。
もちろん、大学生であった藤山シンは孤児院を救えるほどの財力もない。
では、どういう行動を起こしたのか。
それは、大学ぜ慈善団体の資金の仕組みの学ぶクラスを履修し、そのクラスをチャリティ団体として機能させてしまうということである。

なんという行動力であろうか。
仮に日本でそのようなことをやってしまえば、白い目で見られることもあり中々行動へ移せないだろう。
しかし、藤山シンはそれを物ともしない行動力を持っているということになる。


【スポンサードリンク】


行動力があれば何でも出来る

藤山シンに特別な能力があったかと言えば、決してそうとは言い切れない。
超お金持ちであり将来が安定していたかと言えばそうではないだろう。

しかし、藤山シンは今、大変ではあるが充実した毎日を送っているだろう。
それは自分のやりたいことに対して全力で行動した結果である。

あなたにもやりたいことが必ずある。
惰性で仕事へ行き、毎日が同じような日々。それでも仕方ないと割り切っている人がほとんどであろう。

だが、藤山シンはそのようなことをせずたったひとつ「行動」をしただけで、大きく人生を変えることが出来た。
行動するためには勇気がいるが、決して後悔しないだろう。それが人生にとって重要なことかも知れない。

ホンジュラスの治安情報はこちら
カンボジア無給でレスキュー隊を指導する男



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.