朝倉健太の嫁(祖父江彩)と年収が気になるので調べてみた!引退後はどうなるのか?

中日の朝倉健太投手が2015年で引退することが決まり、9月20日に現役最後のマウンドを後にした。
その朝倉健太投手だが、嫁となる祖父江彩と2005年に結婚をしている。また、年俸が気になるので調べてみた。


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

朝倉健太投手の嫁のプロフィール

[本名]
祖父江彩(そぶえ あや)

[年齢]
32歳(朝倉健太の2歳下)

[住所]
名古屋市中川区

[職業]
結婚当時は家事手伝い

[朝倉健太との出会い]
・東邦高校の後輩
・高校の時から付き合っていた
・7年間付き合って2005年のシーズンオフに結婚

[子供]
・2007年5月に第一子である「大空(そら)」を出産

であり、あくまで一般女性である。
Facebookで検索した所「祖父江彩」さんは何人か居るのだが、いずれも東邦高校出身ではないので、同姓同名だろう。


【スポンサードリンク】


朝倉健太投手の年俸

中日で活躍をした朝倉健太投手だが、その年俸を調べてみた所、

[最高時]
・2008年(27歳)
・1億1,500万円
・3勝4敗2H
・防御率3.36

[最低時]
・2000年(19歳)
・840万円
・0勝1敗
・防御率14.02

[2015年]
・2,500万円

となっており一般のサラリーマンよりも十分な年俸をもらっていることが判る。
なお、19歳からプロ入りし34歳までの約15年間で貰った年俸は、

約7億

である。サラリーマンの生涯年収が約3億のため、ゆうにその倍以上をもらっていることになる。
「もらいすぎなのでは?」と思うかも知れないが、プロ野球選手、しかも1軍でずっと働き続けることはほんの一握りの選手だけであり、それ相応の努力が必要となる。
なので、もらいすぎということではなく、努力の結果がそうなったと言うだけである。

プロ野球選手、引退後はどうなるのか?

「監督とかコーチじゃないのか?」

と思う人が多いだろう。しかし考えて見て欲しい、監督やコーチは1人であるのでその席は熾烈である。
では、監督やコーチに慣れなかった人はどうなるのか。

とあるプロ野球選手は、エレベーターの保守管理をしていたり、地元でアルバイトをしているという人もいる。
また、有名選手であればラジオやテレビの出演や解説が出来る。しかしそれもほんの一握りである。

なので、現役を引退したからといって活躍しているかと言われれば、全員がそうではないと言える。
第2の人生はプロ野球以上に厳しいものなのかも知れない。



【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.