東亜国内航空381便の機長は塚原利夫!由美かおるも驚いた行動とは?

2015年10月19日(月)の「世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?★日本の航空パニックSP」で特集されることになった「東亜国内航空機羽田空港胴体着陸事故」
その時の機長は最年少25歳の塚原利夫であった。更に偶然その事故には女優の「由美かおる」も搭乗していた果たしてどうなってのか?


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

東亜国内航空機羽田空港胴体着陸事故と塚原利夫

東亜国内航空機羽田空港胴体着陸事故の事故

東亜国内航空機羽田空港胴体着陸事故とは、日本エアシステム機事故の1つとされている。

【発生時期】
1979年7月21日

【搭乗員数】
71人

【離陸した空港】
羽田空港

【行き先の空港】
南紀白浜行き

【機長】
塚原利夫
→ 当時25歳の国内最年少機長。経験5年目

【タイムライン】

[08:38]
羽田発・南紀白浜行きの亜国内航空機381便(YS−11機)が離陸
→ 離陸後すぐに車輪を収めようとしたが、車輪が収まるのが遅かった。
その後、再度テストのため塚原利夫が「車輪を出して格納してみよう」と副操縦士に提案。しかし、左側の後輪が出ないことが判明。
この音が大きかったため、客室にいた乗客にも聞こえ不安となる。

[08:53]
塚原利夫が管制塔に対して「引き返したい」と連絡
→ 管制塔「房総半島沖で待機するように」

その後、塚原利夫は乗客に対して

・左の後輪が出ないため、胴体着陸の可能性があるということ
・南紀白浜へ行かず、羽田空港に引き戻すこと

を伝えたが、それを聞いた乗客は一気に不安が高まる


【スポンサードリンク】



[09:00台]
不安になった乗客に対して、副操縦士に操縦を任せて塚原利夫機長、自らが事情を説明。
ただ、25歳という若さもあって乗客の不安を拭うことができずにいた。

そのため、現在では考えられない方法で乗客を落ち着かせることにした。
それは、「操縦している所を実際に見てもらう」というものだった。

これはハイジャックなどの防犯の面から固く禁止されているが、当時、緊急時は全て機長に委任されていたため、塚原利夫は操縦室へ乗客を案内。
約30分間ではあったが、塚原利夫機長が見事な腕前であったため、乗客は安心し自らの席へ戻った。

[10:45]
だが問題は解決した訳ではない。左側の後輪がでないことに変わりはない。
何かしらのトラブルということは分かっているのが、どうしたら後輪が出るのかと考え、上昇下降を繰り返し無理矢理にでもだそうとするが、出ない。
離陸から2時間以上経過しているので燃料も残り僅か

[10:58]
塚原利夫は管制塔に対して緊急事態を宣言し、胴体着陸よりも負担の少ない片輪着陸を試みと。
塚原利夫は、ゆっくりとバランス調整をしながら滑走路へと侵入し、車輪が出ている前輪と右後輪を使い見事に停止することに成功。
乗員乗客全員が無事であったことも言うまでもない。

実はこの事故があった飛行機にはたまたま由美かおるが仕事のため、乗っていたことが後になって判明した。
それを聞きつけたマスコミが空港に殺到。その結果、着陸の一部始終が映像にも残っており今に語り継がれているということになる。

次のページへ


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.