今平周吾のWikiと経歴!ゴルフ界の新星であり切れ味抜群のショット!



日本ゴルフ界の新星として話題になっているのが、今平周吾プロである。
若干23歳で2014年のチャレンジツアーで賞金王に輝くなどの実績がある。
そこで、今平周吾のWikiと経歴について紹介をする。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ



今平周吾のWikiと経歴

[名前]
今平周吾(いまひら しゅうご)

[生年月日]
1992年10月2日

[年齢]
23歳

[出身]
埼玉県

[血液型]
AB型

[身長]
165cm

[体重]
60kg

[高校]
埼玉栄高校(中退)

[大学]
東京国際大学

[ゴルフ歴]
9歳からなので、約14年

[得意クラブ]
サンドウェッジ

[ゴルフの戦歴]
・2006年 関東ジュニアゴルフ選手権優勝
・2007年 関東ジュニアゴルフ選手権優勝
・2008年 日本ジュニアゴルフ選手権優勝


【スポンサードリンク】


中学の時に、関東ジュニアゴルフを2年連続優勝する実力を発揮。
その陰には、9歳からゴルフを始めた実績がある。ゴルフの始めたきっかけは父の影響であると語っており。
恐らく父親と一緒にゴルフ練習をして、初めてゴルフクラブを握ったのだろう。

そして、努力の末に関東ジュニアゴルフ2連覇をするなどの実績を勝ち取った訳である。

その後、埼玉栄高校へ進学し、2008年の日本ジュニアゴルフでは当時23歳の松山英樹と対決を行った。
結果は、今平周吾の優勝となり一躍その名前は日本全国に知れ渡ることになる。
「あの松山英樹に勝った選手」ということで。

その後、埼玉栄高校を中退し、ゴルフを極めるべく渡米。そして、全米ジュニアゴルフでベスト8になる輝かしい実績を残すことになる。

言わば名実ともに世界レベルの選手となった訳である。

↓30秒で判る今平周吾の理想的なスイング



2014年11月のカシオワールドオープンでは、1日目に66をマークし、ツアーで初めてトップになった。
しかし結果は、22位となったが、今平周吾にとっては実りのある経験となったようである。

私もスポーツをしていたのだが、努力は裏切らないという言葉はあると思っている。
少し休んだりサボったりすると、技術が衰えたりできていたことができなくなることはスポーツでは大いにあることである。

しかし、休んだりサボったりしなければ、技術は伸び続け結果的に目標であったことが出来るようになった。

では、誰でも今平周吾のようになれるのかと言えばそうではない。
今平周吾のようになるためには、今平周吾以上の努力。できれば3倍の努力をすることが必要となるだろう。
よく言われるのが、トップに立つためには人よりも3倍の努力が必要であると…

では、次のページでは今平周吾を陰で支えるキャディーについて紹介をする。
実はこのキャディー。今平周吾と深い関係にある。

次のページへ


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ




ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.